世界征服も第一歩から

無能弁護士叩いてみれば、IP開示の音がする

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナゴドの「テレビキャラクター夢ドーム」に行ってきました


夢ドーム

サークルKサンクスプレゼンツ「テレビキャラクター夢ドーム」




 知人に「2年に一度の夢のイベントだから行かなきゃ人生損だ」と言われたので、一人で名古屋ドームに行ってきました。

 劇中でたいしてバイクに乗っていない鎧武がバイクに乗っているチラシの画像が気になりますが、ネットで拾った

仮面ライダー1号


↑の画像をみて、テンションが上がってしまって朝一で言ってみました。

 知人は「最終日は、平日で正月休みも終わってるから子連れが少なくて30分前から席取りすれば自由席でもだいぶ前で見れて迫力がすごい」と言っていたので、早めに行ったのですが、考えてみれば当たり前のことで、周りは完全に子連ればかり。私は完全に不審者でした。

 確かに30分前に場所取りすれば、だいぶ前の席に座れましたが、少し会場をうろついただけでかなりいたたまれない気分になったので、ステージが始まるまでの間トイレに隠れてやり過ごし、一番後ろの席で観劇しました。

 ステージにトッキュウジャーのメインテーマがかかると、まわりのちびっこも僕も沸き返ります。
 ステージが始まれば、まわりのちびっこも気にならなくなるかと思ったのですが、別に周りが暗くなるわけでもなく、ステージ中もずっとまわりにビクビクしてました。

 子供は基本的に集中力がないのでステージ中も、そのへんの座席をうろつきまわります。
 子供というよりは親御さんの目が気になるところですが、あまり警戒はされていない感じだったのが救いでした。

 少し前の席に、顔といい服装といいどう考えても私と同族のおっさんが一人で座っていて、勇気をもらっていたのですが、ステージも終盤に差し掛かるところで、そのおっさんの奥さんと娘さんらしき人が現れて悲しい気分になりました。


ステージの内容としては、
 「ナゴヤドーム前矢田」駅が「夢ドーム前矢田」駅として登場し、シャドーラインの影響で「闇ドーム前イヤダ」駅になる演出が野球ファン兼特撮ファンには嬉しいところです。
 上で画像もつけた1号のバイクシーンは普通にすごくてテンションが上がりました。
 トッキュウ6号のセルフBGMでまわりのちびっこのテンションは最高潮という感じでした。やっぱり追加戦士は人気があります。
 個人的に気になったのが、ラストのキャラクター紹介で「キョウリュウレッドカーニバル」と「キョウリュウゴールド」しか出演していないキョウリュウジャーが「獣電戦隊キョウリュウジャー」としか紹介されていなかったので、作品ごとにしか紹介されないのかなと思っていたら、「仮面ライダーバロン」も名前を呼ばれてかっこいいポーズを取っていました。
 ちなみに、上ではバナナですがステージでは一貫してレモンエナジーなバロンさんでした。


ステージ以外にも会場中にキョウリュウジャーやオレンジアームズ鎧武がいて、ちびっこと写真をとっていて、羨ましかったです。


夢ドーム2

↑唯一撮った写真。アカレンジャーさんがかっこいいです。

 この夢ドーム大人が一人で楽しむためにはかなりの覚悟が必要です。
 私は思うようには楽しめなかったので、2年後は誰か友人を連れて再挑戦したいと思います。
スポンサーサイト
[ 2015/01/06 21:44 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。